打ち直してながく使う

mainimg_column_uchinaoshi002_001
ナチュラルコットンを使用したふとんは『敷いて3年、掛けて5年』と言われています。
永く、大切に使っていただきたいから、おたふくわたは打ち直しをおすすめしています。

ボリュームが無くなってきたり、湿気をおびて重く感じたり、側生地が破れてしまったり・・・・。
ふとんを永く使用していて、こんなお悩みはありませんでしょうか。
木綿のふとんは『敷いて3年、着て(掛けて)5年』と言われています。
ほぼ毎日私たちの体を支えていますので、一定の年月が経つとつぶれてきます。

そこで必要になるのが「打ち直し」です。
綿をもう一度ふっくらとよみがえらせて、再利用します。
生地も新しいもので仕立て直しますので、出来上がりは新品同様です。
打ち直しはいわば、おふとんのリフォーム。

おたふくわたの打ち直しは、
中綿を専用工場で洗浄し、ご希望の綿の量に足し綿をします。
全てオーダー生産ですので、敷ふとんから掛ふとんに、掛ふとんから座ふとんに、などのご要望も承ります。

お気軽にお申しつけ下さい。

flow2

1 

おたふくわた木綿ふとん打ち直しはシングルサイズで掛・敷ふとんとも各2万円~3万円が目安でございます。(価格はふとんの具合や生地や足し綿の有無その他によって変動いたします。)
目安ですが掛ふとんシングルサイズ(150×210)の2kg~4kgで21,600円(税込)敷ふとんシングルサイズ(100×210)の4kg~7kgで23,760円(税込)でございます。

2 

弊社の指定工場で中綿を確認してから打ち直しが出来ない場合もございます。その際はお客様に即急にご連絡し処理方法につきましてもご相談させていただきます。
(処分をご希望される場合、素材によっては処分費用をご負担頂く場合もございます。)

3 

足し綿をご希望されるお客様には弊社の「おたふくわた」ふとん綿(綿100%)を使わせていただきますが、合繊を足さない分、カサが戻らない場合もございますが何分ご了承願います。
(弊社では合繊を足し綿に使用することはございません)
ご理解いただいた上で打ち直しをさせていただきます。

「打ち直してながく使う」シリーズ一覧はこちら

ページトップへ